スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちの大和/YAMATO

YAMATO.jpg


監督:佐藤純彌
製作:角川春樹
製作総指揮:高岩淡
脚本:野上龍雄/佐藤純彌
出演:反町隆史/中村獅童/松山ケンイチ/仲代達矢/他・・・


□STORY□


 2005年4月6日、一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁港を訪れ、老量子の神尾(仲代達矢)に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出して欲しいと懇願してきた。その位置は、60年前の昭和20年4月7日に戦艦大和が沈んだ場所である。まっすぐに前方の海を見据える神尾の胸に、60年前の光景が甦っていく・・・

 昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾奇襲によって始まった太平洋戦争。17年6月のミッドウェイ海戦での大敗以降、日本軍は劣勢を強いられじりじりと追い詰められていく。そんな昭和19年の春、神尾(松山ケンイチ)、伊達(渡辺大)、西(内野健太)、常田(崎本大海)、児島(橋爪遼)ら特別年少兵を一とする新兵達が戦艦大和に乗り込んできた。その巨大な威容に10代の少年達の眼が輝く。大和は彼らにとって憧れであり、希望の象徴でもあった。しかし、その驚きと喜びも束の間、乗艦した彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々であった。そんな仲、彼らは烹炊所班長の森脇二主曹(反町隆史)や機銃射手の内田二兵曹(中村獅童)に、幾度か危機を救われることがあった。内田と森脇は配属こそ違えお互いに気心の知られた仲であり、大和の下士官の仲でも異彩を放つ魅力的な存在であった。
 昭和20年4月1日、ついに米軍が沖縄上陸作戦を本格的に開始、乗組員たちはそれぞれの立場で「死ニ方用意」を始めていった。4月6日、いよいよ大和以下10隻の歓待は出航した。そして4月7日、その動きを察した米軍艦隊機の大群が大和に襲い掛かっていった。大和の46cm主砲が、副砲が、高射砲がこれらを迎え撃つ。乗組員たちの最後の戦いが始まった・・・。
                  ―――――<Yahoo!ムービーより抜粋>



□関連サイト
男たちの大和/YAMATO 公式HP
Yahoo!ムービー「男たちの大和/YAMATO」



ってことで昨日の予告通り木原氏とデートしてまいりました
久しぶりの映画館での映画鑑賞は「YAMATO」です。
久しぶりの邦画作品!
映画館で観る邦画は「踊る大捜査線 THE MOVIE2」以来です。
それも自分の金で見てないから・・・何年ぶりでしょう(笑)
本当はパンフも欲しかったんだけど・・・売り切れでした。
畜生!!
父親に自慢してやろうと思ったのに!!
ま、報告したら「次は呉まで行って来い!」といわれました。
そこまで行く時間と暇とお金は私にはございません!
(多分、木原氏は行くのだろうけど・・・)

「YAMATO」だからなんでしょうが、オジサン率が高かった!
いつもなら映画館って女性率、もしくは若者率が高いはず。
でも、今日はオジサン率が高かった!!
以下、ネタバレもどきあり) 最初、始まった時は現代のほうでした。
大和の沈んでいる映像とかもあって
「・・・これってドキュメンタリー?」と思いました。
でも、ちゃんと(?)映画でした。
最初のほうは現代と戦時中と、時代が交互していました。
ちょっと(私的に)混乱気味。

戦時中の話は凄かった!!
実際の映像と映画のとがあいまって凄かったです!
無駄にCGとか使ってないせいかリアルでした。

私はこの作品を見て初めて反町隆史が格好良いかも・・・と思いました。
(ファンの方いらっしゃいましたらすいません)
中村獅童も良かったですネェ。

戦闘中の映像も凄かった。
水、炎、血飛沫のオンパレード。
見てるのはいいんだけど実際はもっと凄いんだろうな。
人が次々死んでいく。
たった15歳で死を覚悟しなければいけない。
なんとも言えない気持ちになりました。
私が15歳の時・・・何してた?
中学3年の時・・・
木原氏やvictime氏たちとバカなことして過ごしていたような・・・
しかも日々何も考えず過ごしていましたよ。
大いに反省すべきなのかしら。

途中、何度も涙がボロボロ。
久しぶりに映画見てないたかも。
途中でティッシュも出動。
でも、後半の良いところに入ってきてトイレに行きたくなってしまいました。
一気に興醒めです
隣の木原氏もどうやらボロボロだったようです。
終了後、トイレに行って二人して目が真っ赤でした。

どうやら私にはボキャブラリーが貧困らしく(今頃気づいたのかよ、という突っ込みは受付ません)凄いとしか言えません。
前日のバイトの時に「YAMATO」は男に人向けだと聞いてました。
女の人には面白くないと・・・
でも、私は感性が男寄りなのか面白かったです!
DVDが発売されたらもう一回見てみたいですね!
そしてまた、涙を流すのだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 男たちの大和 - ジャンル : 映画

COMMENTS

本当によかったよね!

反町も中村もかっこよかったけど、主人公の男の子がかっこよかったよね!
そして現代のほうのお手伝いの男の子もv
最後船の舵を取る姿…お前、いい男になれよ、みたいな。

またデートしまっしょい!

気になってはいたけれど、観にいくといっても私の場合はね~。
反町がかっこよく見えるの・・?
ホントに・・?
んんー。
私は大きなセットを作って撮影したというので気になっていたんだけど。

来月、「有頂天ホテル」は観にいくよ。
子供つれてOK!の例の映画鑑賞会です。

コメントお返し

>木原あきみさん
 主役のコは本当に良かったね!
 ああ!あの男の子も!!
 ってさっきから男の子の話しかしていないような・・・
 またデートしましょv-221


>kappaさん
 私の気のせいかもしれませんがね。
 役のせいか何故か格好良く見えたのですよ。
 不思議なもんだ。
 DVDが発売されたら是非見て欲しいです◎

 いいっすね!
 「有頂天ホテル」!!
 私も気になってます。
 例の映画鑑賞会ですね。
 感想楽しみにしておりますv-290

私もこの映画気になっていたんですよ(^^)
でも、順番から行くとやっぱり邦画は後回しなんですよねぇ・・・。
来週「スタンドアップ」を観に行ってきます(^0^)/
その次は「フライトプラン」今回も立て続けに行く事になりそうです!

テンプレート変えたんですね!
私もこういった感じのは好きです(^^)
近々変えようかと考え中です(って気分次第なんですがね)

コメントお返し パート2

>Mameさん
 私も基本的にそうなんですよね。
 でも、これは良かったですよ!
 後回しでも良いので是非御覧下さいv-290
 私も「スタンドアップ」も「フライトプラン」も見たい!
 見に行きたいです!!

 テンプレートの変更って結構気分なんですよね。
 私も気分次第で他のに変わるかも・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「男たちの大和/YAMATO」

なんか、興行収入50億見込んでるらしいので・・・遅まきながら観てみる事に。ひらりん、戦争映画苦手なんだけどなぁ・・・・・・・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。