スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』

20050924224331.jpg


ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 J.K.ローリング・著

□内容□
 ホグワーツ魔法魔術学校5年目の新学期を目の前にして、15歳のハリー・ポッターは思春期の真っ只中にいる。何かというと癇癪をおこしたり、やつれそうなほどの恋わずらいをしたり、強烈な反抗心でいっぱいになったり。鼻持ちなら無いダーズリー一家と過ごす夏は、相変わらず腹の立つことばかりで退屈きわまりなく、しかもこの休み中は、マグルでない級友たちと連絡を取る機会がほとんど無かった。ハリーはとりわけ、魔法界から何の知らせも無いことにイラついていた。復活したばかりの邪魔なヴォルデモート卿がいつ襲ってくるかと気が気でなかった。ホグワーツに戻れば安心できるのに・・・でも、本当にそうだろうか?
                      (Amazon.co.jpより抜粋)



今回、ハリーが切れてます
切れ方が尋常じゃありません。
上下巻もあるのにその中の2/3は切れてるのではないでしょうか?
ハリーがこれだけ切れてると読んでいるこっちまで不機嫌に。
おかげで周りにはいい迷惑です(ごめんなさい)

懐かしいキャラから今回始めましてのキャラまでいらっしゃいます。
私の好きな親世代。
今回ちょこっとだけ昔のシーンがありましたね!
スネイプ教授の知られたくない記憶。
確かにあれは知られたくないっていうか忘れ去りたいでしょう。
てかやりすぎですよ、スネイプ教授いじめ。
確かにグリフィンドールとスリザリンですけどあれは・・・

今回のハリーの切れ具合。
どうなんでしょうねぇ。
周りに当り散らしすぎですよ。
ロンやハーマイオニーからダンブルドアにまで。
普通あそこまで切れますか?
そしてあそこまで自分が正しいと思い込めるもとい思えるのはある意味素晴らしいですね。
そういうところでムカとくるのは私がどちらかというと(というか思いっきり?)スリザリン気質だからなのでそうか?
まぁ私は反抗期らしい反抗期は無かったように思いますが、それでもねぇ・・・

あとこの巻。
あの人が・・・シリウス・ブラックが・・・
死んじゃうんです!!
きゃーーーー!!
死ぬっていうのは聞いてましたが・・・
こんなあっさりだなんて!!
ある意味ショックでしたね。

そしてこの巻の功労賞は・・・
なんてったってあのウィーズリーの双子、フレッド&ジョージでしょう!!
特にアンブリッジを打ち負かして逃走するシーン。
流石です!!

これも最終的には映画化されるんですよね?
これは映画化はちょっと難しいのでは・・・
映画化になったらダニエル君、始終切れまくって当り散らしていなきゃいけないのでは・・・
あと、省けそうに無いシーンばかりに思います。
どうなんでしょうかね?
でも、最終的に映画は見に行くと思いますなぁ
スポンサーサイト

テーマ : ハリー・ポッター - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

サッパリ解らん・・・

シリウス・ブラックって、誰?
いやー、映画見る時って大抵登場人物の名前把握しないまま見てる事多いし、海外の御方が出ていらっしゃる映画は特にそうなんでサッパリですわ・・・
是でよく「見てる」と云えるもんです。
見てるのは事実だもーん!!

で、私は本は読まないのでコレマタ解んないんですが、そんなにキレていらっしゃるの?
でも案外「自分の思い通りにいかないと厭!」ってタイプには見えますけどね。
まぁ、キレてる内容解んないんで何とも云えませんが・・・

映画は何時公開なの?
自分で調べるより聞いた方が早いからv-22

コメントお返し

>victimeさん
 シリウス・ブラックを知らないとな!!
 なんてこと・・・
 ハリーの名付け親にして初代悪戯仕掛け人メンバー。
 そしてジェームズ(ハリー父)の親友でアニメーカズ(黒犬)で指名手配中の人物を知らないですと!!
 映画ではゲイリー・オールドマンという英国紳士が演じております。
 お分かりいただけたかしら?

 この巻の映画はいつなのかとかは解りませんがこの前の巻「ハリーポッターと炎のゴブレッド」は今年の11月公開ですよ!
 もうすぐなんでドキドキワクワクっすね☆
 てか、そのくらい調べなさいよ。
 原作を読めとは言わないからさ・・・(読めと言っても貴方は読まないだろうから)

あ。解った☆

やっぱゲイリーさんが演じてた役かぁv-238
って死ぬの??! なんでよ?!
ゲイリーさん、もぅいなくなっちゃうの??
ってか、此の本が映画化される時にはゲイリーさん出るかなぁ。
最初ゲイリーさんが出るって時は嬉しかったけど、きっとハリーをいぢめるだけなんだろうと思っていたが、意外に優しかったじゃない。
確か一緒に暮らすみたいに云ってなかったっけ?
なのに死ぬの?
やっとハリーに平和が訪れると思ったのに・・・
ってか、恋ってどうなの? やっぱハーマイオニーに恋??
でもロンとも善い感じよねぇ?
いやーずっとメルヘンでいって欲しいわ。

早く観たいです(^^)

いよいよ公開になりますね!
私も本は「賢者の石」から全て持っていて、もうすでに6回は読み直しています。
新しく出た「混血のプリンス」?(違っていたごめんなさい)も読みたかったのですが、
英語が苦手で(T0T)頑張ったら読めるかな?とも思ったのですが、
主人に「どうせ日本語版を買うのにもったいない」
と言われ断念・・・。

「炎のゴブレット」は予告を観ても、面白そうな出来になっているみたいですよね(^^)
毎回、娘(小1)と行っているのですが、
前回最後の良い所で「トイレ・・・」と言われたのがショックで
「炎のゴブレット」は一人で見に行きます(^^;)
ハリーがキレる様子どんな感じなのでしょうね。
色々と楽しみです(^^)

そうそう!
シリウスがあっさりすぎて・・・。
えーー!って感じだった。
でも、やっぱりハリーの反抗期!?気になりますね。
ちょっとあれは大げさなような・・。そんなことはないのかな?

映画楽しみですね~。
今年中にチャーリーとハリー見れるといいんだけど・・・。

コメントお返し パート2

>victimeさん
 詳しくは映画を待ちなさい!
 もしくは原作を読みなさい!

 シリウスはハリーの名付け親だしジェームズ(ハリー父)の親友でもあるんだからハリーを虐めたりはしないでしょう!
 私的にハーマイオニーはロンとではないかと思います。
 まぁ映画でしか観てないしねぇ、貴方は。
 でも、映画でもちょくちょくそんなシーン出てきてますよ!
 それに、喧嘩するほど何とかって良く言うじゃん☆


>Mameさん
 私も原作は好きで、いつかは原作にまで手を出してやろうと目論んでおります。
 「混血のプリンス(当たってますよ!)」も早く読みたいです!
 日本語訳のはいつでるんでしょうかね?

 「炎のゴブレッド」はPG-12指定(でしたっけ?)がついてるようですから娘さんをお連れにならないのは良いかもしれませんねぇ。


>kappaさん
 そうですよね!あれは大げさすぎますよね!
 しかもシリウスはあっさり過ぎます!
 ちょっと残念ですv-13

 何とか意地で観てください!
 でも姫サマがいらっしゃるしちょっと難しいかもしれませんねv-388

ありがとう!

コメント&別ブログご訪問ありがとうございます!
ゴミ問題の関しては、個人のマナーやモラルが問われますよね。
捨てることに恥ずかしさを感じてもらいたいものです。

映画、観たいです。
今回の”炎のゴブレット”すごく楽しみなんですよ。
”混血のプリンス”もいつ発売かわからないから、とにかく映画を・・。
ダンナに頼んで観に行くかーー!
でも、2本は欲張りかなぁ・・?

コメントお返し パート3

>kappaさん
 「炎のゴブレッド」本当に楽しみですよね!
 「混血のプリンス」はいつになるのか・・・来年中には出てもらいたいものですv-393
 2本が欲張りだなんて・・・
 ダンナ様にオネダリなんていかがです?v-389

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリーポッター

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版ダニエル・ラドクリフ J.K.ローリング アルフォンソ・キュアロン ルパート・グリント   孤児としてマグル(魔法を使わない人間)の叔父

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(ハリー・ポッターとふしちょうのきしだん、原題:''Harry Potter and the Order of the Phoenix'')は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2003年に発表した、児童文学|子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。