スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙


20070109215242.jpg




監督:クリント・イーストウッド
製作:スティーブン・スピルバーグ
出演:渡辺謙/二宮和也/中村獅童/伊原剛志/他・・・


□STORY□

 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷(二宮和也)ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する。








ということで、本年最初の映画は「硫黄島からの手紙」です。


本当は「父親たちの星条旗」を観てからみたかったのですけど見るタイミングを失ってしまい、観ずじまい。
ということで、「父親達の星条旗」を観る前に見てしまいました。




此の映画は観るべきです!!
今まで色々な戦争映画を見てきましたがこれほどの衝撃はなかったと思います。

流石、クリント・イーストウッド☆
すっごく良い映画でした。



今、頭の中が色々混乱してて整理が出来ていないので感想を書くとごちゃごちゃになりそうなので止めておきます。


ただ、中村獅童の役どころの意味が良く分かりませんでした・・・
私に理解力が足りないのかしら・・・
スポンサーサイト

テーマ : 硫黄島二部作 - ジャンル : 映画

COMMENTS

加瀬さんはー!!?
観てって云ったぢゃない!!

是は、日本人なら観るべき映画だと誰もが云っておりますよね。
遺族のドキュメントみないなのならTVで観ましたけどね、泣きましたのでね、映画館に行く勇気はね、無いのですよ。
伊藤くんの演じた郵便配達のドラマも観てね、泣きましたのでね、以下同文ですよ。
日本人の監督が撮るべき映画だったとも云われておりますが、そのあたりはどう??
御覧になった方に是非お伺いしたいわ。

私も観たい!
でも、また映画館へ足が遠のきそう・・・。

お家に帰ってきたのでボチボチ更新していこうと思います(^-^)。
暫くは寝不足の日々かなぁ・・。
遅くなりましたが・・今年もお付き合いよろしく~♪

コメントお返し

>victimeさん
 おーほーほー
 加瀬さんって誰よ?
 どの役の人よ??
 解んないので何とも言えません・・・

 そうよ!
 日本人なら観るべきよ!!
 でも、日本人が作っていたら結構外国(特に中国とか)から批判とかあったと思う。
 日本人でないしかもアメリカの映画監督が作ったってのがそういうことがない(聞かないだけかもだけど)理由なのではないですか??



>kappaさん
 是非観てください!! 
 姫サマ方にはまだ早いでしょうけど(笑)
 私は予想以上に良い映画で満足でしたよ◎

 お帰りなさいませ!!
 あぁ・・・子育ては大変ですねぇ・・・
 私からは頑張ってください!!としか言えません・・・

 今年もどうぞよろしくお願いします♪

花火大会総合案内所

花火大会の検索サイト。2008年、2008、東京湾花火大会、東京、横浜など花火大会に関する各種情報をお届けしています。 http://plans.hartmerrell.com/

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。