スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰摩羅鬼の瑕


京極 夏彦 / 講談社
Amazonランキング:6851位
Amazonおすすめ度:





□STORY□

 「おお!そこに人殺しが居る!」
 探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ。
 嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允とはいかなる人物か?一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。

  
                     <本書・裏表紙より抜粋>





京極さんの小説を久しぶりにやっと読みました!!
相変わらず分厚いので手に持って読むのは苦労しましたけど・・・



今回、前置きが長かった・・・ように思います。

関君の欝状態が凄かったです。
エノさんも相変わらずでした。
エノさんの助手が関君というのは関君にとっては苦労しっぱなしですよ。
相変わらず最後は京極堂が持っていきますけどね・・・




途中で結末が分かってしまいました。
しかし!
読み始めると止まりません。
恐るべし!京極ワールド☆




「貴方にとって『生きている』ということはどういうことですか」




何とも難解な質問です。
スポンサーサイト

テーマ : 京極夏彦 - ジャンル : 小説・文学

飲んでやった!!

昨日、此の季節恒例の忘年会に行ってきました。


「会社の」ですけどね。



会社の忘年会というものに行ったことがなかったのでドキドキでした。


凄いですねぇ。
会社の忘年会というものは・・・
普段、会社では無愛想な人たちが一歩外に出るとこうも違うものなんですねぇ。




昨日は結構飲みました。
普段飲んでないからすぐにダウンかなぁ?とか思ってたんですけどねぇ。
最初から最後まで普通にマイペースに飲み続けました。
ビールから始まりいつも通りカクテル系で攻めてみました。
途中、社長にお酌された時には結構飲んでたんですけどねぇ。
私のカシスソーダを見て「それ・・・ジュース?」って聞かれるくらい普通でした。



あぁ・・・顔に出ない自分が恨めしいっ!!

帰るときには皆さんほろ酔い良い加減だったのに私だけ普通・・・

あぁ・・・皆さんには「程ほどにしか飲めません」と言っていたのに・・・
完全にばれた・・・
私がアルコールに強いのが・・・
あぁぁぁぁぁ・・・
月曜に会社に行くのが辛い!!


どうせ此のことを知った友人共は
「何処が酒に弱いのよっ!この酒豪がっ!!」
とか、思ってらっしゃるでしょう。


はぁ・・・開き直るしかないか・・・

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。