スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTV VMA 05の季節です。


本日、いろいろとネットでふらふらしてましたらこのサイト様のこのような記事を見つけました。

もうこの季節なんですねぇ。
家にいることが多いので昼間とかよくMTV見てるはずなんですが・・・
すっかり忘れておりました
毎日蒸し暑いのにこの話題を聞くと「もうすぐ秋かぁ」としみじみしてきます。
私が“夏”を感じるのはMTVでサマソニ(Summer Sonic)などの夏フェスの話題を聞くようになってからなんですねぇ。
もっと他のもので季節を感じろよ、と突っ込みを受けそうです。

今年はGREEN DAYがいっぱいです!
なんてったって最多ノミネートらしいですから!
「American Idiot」のプロモを見てアルバム買いに走った時が懐かしい気がします。
そして、買って部屋で聞いてたら良く「五月蝿い!」と怒られていた時が懐かしいような・・・

ともかく!
自分の好きな音楽が表彰されるっていうのは嬉しいものです。
世界中の人が同じ音楽聴いてるってのも良いですよねぇ。
(何が良いのかって聞かれても困りますが・・・)

8月中旬くらいからはVMA特集も始まるでしょうからノミネートされてるPVとか沢山見れるようになるでしょう!
今からとても楽しみです!

私の周りではあまりいないですから・・・
洋楽聴く人・・・
(大学の友人の中にはいましたがROCKはあまり聴かない人でした)
スポンサーサイト

オーランド来日!!

4924841.jpg

↑これは「キングダム・オブ・ヘブン」のプレミア時の写真です。

オーランド・ブルーム来日!!
だそうです。
今年2度目で通算3度目ですねv

今回の来日は新作映画「エリザベスタウン」のPRのためで8月1日に来日予定だそうです。
映画「エリザベスタウン」については前回書き込んだので良しとします。(前回のはここです。)
ちなみに字幕付き予告編がここで見れるようになりました。

オーランド・ブルームの説明を少し。
Orlando Bloom
愛称:Orli(オーリィ)
誕生日:1977年1月13日(山羊座)
生まれた場所:イギリスのカンタベリー
家族:祖母・母・姉
ペット:愛犬Maude(モード)とsidi(シディ)
好きな色:イエロー
その他:ベジタリアン・テクノフォーブ
ロード・オブ・ザ・リング」三部作で一気にブレイクして今に至ります。(省略しすぎ?)

すでにご存知の方は多いと思います。
私もこの三部作で知りました。
最初、この方の地毛は金髪かと思うくらいお似合いでしたねぇ。
その後、いろいろな作品で魅力度UPしてます。
276.jpg

↑(サラサラヘアーの緑葉王子ことレゴラス)

前回の「キングダム・オブ・ヘブン」の時にはTVにかじりつきだったので今回もそうなることでしょう。
あんまりTVでは放送してくれないんですよねぇ。
トム・クルーズとかブラピの時はあんなにしてるくせに・・・
ちょっと悔しいです。

本当は空港まで行きたい・・・
行きたいのに行けない・・・
まぁ行く勇気がないって言われたらそれまでですけど。

疲れたなぁ・・・

本日、我が家の我が侭プーことCherryをカット&シャンプーしに連れて行きました。
ロングコートチワワなので毛が長い・・・
見てるだけで暑苦しい!のでそれをどうにかしてもらいに行きました。
母が探してきたお店で、とてもこじんまりしてるところでした。
店員さんがなんてったって格好良いんです!
どうやらその方が店長さんらしい。
とてもやさしそうなお方でしたvv

犬を預けて(1~2時間程かかるらしいので)図書館へ。
夏休みだから小学生とか子供が多いのは解ってました。
机の上で夏休みの友をしてるのを見ると懐かしく感じます。
しかし、次に借りる本を物色中の出来事。
奥のほうから小さな女の子が叫びます。
「マミィ~~~!!」
は?マミィ?マミィですって??
どういう人が自分の子供に「マミィ」と呼ばせますか?
少なくとも私の周りにはいないでしょう。
もう少しで図書館で爆笑するところでした
ちなみに・・・呼ばれてた「マミィ」さんは普通の日本の方でした。

そして時間潰し後お迎えに。
まぁスッキリしてますこと!!
一瞬ウチの子ではないのかと思ってしまいましたよ!
頭突きかますくらいの勢いで飛びついてきたのでこれはウチの子でしょうと納得。
家に帰宅後家の中を走り回って洗濯物の山に埋もれてました。

その時のお写真です↓
05-07-28_17-00.jpg


このクソ暑い中良くやるよ・・・
と、思いながら私はしばしお昼寝(夕方だったけど)
起きたら腹が重い。
まさかと思ったらそのまさかでした。
腹の上で寝てやがる!!
ちょうど私のいたところが冷房直撃のところだからって・・・
私は夕飯作らないといけないのよ。
今日はウナギの日だから少し楽できるのよ。
でもご飯炊かなきゃなんないの。
だから降りておくれ・・・
と、起こしたら私の指に噛み付きやがった!!
痛い・・・痛いです・・・
血はあふれ出なかったが皮が剥けちゃったよ。
罰として夕飯のドックフードは少なめに・・・
腹をすかせるが良いわ!!
まぁ他の家族がお菓子をその分やるだろうが・・・

と、まぁ踏んだり蹴ったりの一日でした。
(今日はまじめに日記だわ!!

続きを読む »

インタビュー

いきなりですが・・・
私はジョニー・デップ氏がとても好きです。
まぁ知ってる人は「何を今更・・・」って思っていることでしょう。
とにかく大好きなのです!

本日、ネットサーフィンしていたらジョニーのインタビュー動画を発見しました。
見つけた時には小躍りしそうなくらいでした。
そのインタビューは新作映画「チャーリーとチョコレート工場」のインタビューでした。
こちらと、こちら
どちらも字幕はありませんがどうにか頑張って聞き取り、英訳しようと試みました。
でも、無理です。
高校生の時、英会話スクールに行ってましたし、映画も吹き替えより字幕で見るので英語の聞き取りは少しくらいできるだろうと思ってましたが甘い考えでした
留学経験のある姉に頼るしかなさそうです。
訳してくれるでしょうか・・・

京極さん。

昨日(日付は変わってたので今日か?)「爆笑問題のススメ」(日本テレビ系)という番組に京極夏彦さんがご出演されてました。
確か先週も出演してなかったかしら?
ビデオ録画した覚えが・・・
気のせいだったかなぁ・・・
まぁとりあえず見ました!ビデオに録画して!!(夜中なので)
相変わらず独特の雰囲気をお持ちです。
妖怪って幽霊とか化け物とかが一緒になっていつの間にかそう呼ばれるようになったものなんですね。
妙に饒舌でしたねぇ。

家に沢山あるビデオの片付けをしてたら昔の番組が出てきました。
その名も「トップランナー」(NHK)。
しかも司会者が今のお二方ではなくはなさんと田辺誠一さん。
懐かしいですねぇ。
ゲストは言わずもがな京極さん。
よく取っておいたなぁ、と自分に関心します。
番組に出ていたあの書斎。
今ではもっと凄いことになってるんじゃないかと勝手に妄想です。
本棚の片付けは「愛と執念」だそうです。
なるほど。
某友人、木原あきみ氏に言ってやって欲しいと思っちまいました。
「本棚の片付けは愛と執念ですってよ~♪愛があるなら出来るはずさ

続きを読む »

チャーリーとチョコレート工場

20050725213434.jpg


原題:charlie and the Chocolate Factory
監督:ティム・バートン
製作総指揮:パトリック・マコーミック/フェリシティ・ダール
製作:ブラッド・グレイ/リチャード・D・ザナック
脚本:ジョン・オーガスト
出演:ジョニー・デップ/フレディ・ハイモア/ヘレナ・ボナム=カーター/ノア・テイラー/クリストファー・リー

□STORY□
 ウィリー・ウォンカ製のお菓子は世界中で大人気。しかし、その工場の中は一切謎に包まれている。ある日、ウォンカは生産するチョコレートの中に、5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は家族を一人同伴で工場を見学する権利が与えられるという告知をだした。世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中、運よく引き当てたのは、食いしん坊の肥満児オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛んでいる少女バイオレット、テレビ好きの少年マイク、そして家は貧しいが心優しい少年チャーリー。彼らはウォンカの招待の元、工場の中で夢のような不思議な光景を体験していくことになるが・・・


アメリカ公開中。
2005年9月公開。
オフィシャルサイトはこちら



私の愛してやまないジョニー・デップの新作です。
そして監督がティム・バートン
この二人が組んで普通の映画な訳がない!と思うわけですよ。

始めてジョニーを知ったのがギルバート・フレイプ
これは当時姉がレオナルド・ディカプリオのファンだったので一緒に見たのが最初でした。
それから色々とジョニーの出演作を見て完璧に惚れてしまいました。
ははは~。
周りには映画好きが少ないので「ジョニー・デップ」と言っても中々解ってもらえず苦労した覚えがあります。
(その内教えることを放棄したりしました・・・)
今ではすぐ解ってもらえるようになりましたvv

昔(小学校高学年くらい)、原作を読んだんです。
夏休みの読書感想文に書いた覚えがあります。
家に本があったはずなのに見つからないということは・・・売っちゃったのかしら?
へへっ
もうちょっと探してなかったら買い戻そうかなぁ。
でも今だったらどこも品薄そうだなぁ・・・
残念です
原作読んだはずなのに内容をほとんど覚えてないという・・・
悔しい!!

9月の公開が今からとても楽しみです!
アメリカでは先週(先々週?)公開されて初登場1位だったようですね。
予告編を見るとジョニー扮するウィリー・ウォンカはとても怪しいです。
早くみたいです!!

テーマ : ジョニー・デップ - ジャンル : 映画

そして、警官は奔る

20050723130444.jpg


「そして、警官は奔る」 日明 恩(たちもり めぐみ)・著

□内容□
 蒲田署刑事課に勤務する武本は、不法滞在外国人の子供が灰倍される事件を追っていた。潮崎は、武本の力になりたいと思い、独自で事件を調査し始める。熱い警察小説。シリーズ第2弾。
                    (Amazon.co.jp レビューより)


 これは、前作「それでも、警官は微笑う」の続編です。
でも前作を読んでいなくても楽しめます。
前作を読んでいたほうが登場人物(特に武本や潮崎)がどういう人間なのか理解しやすいかもしれません。

テーマは少し重いかもしれません。
人身売買、不法滞在、虐待・・・
でも、どの事件をとっても今ではそう珍しくなくなっています。

今回、武本の男前度が上がっているように思います。
とても硬派で今ではとても珍しい人です。
不器用だけど真っ直ぐな人。
元相棒・潮崎は相変わらずでした。
前作でもそうでしたが純粋な人なんだろうなと思います。

読み始めると止まらなくなり読了後はなんともいえない感じがします。
今回は人間のあり方、法のあり方を考えさせられました。
今まで知らなかった戸籍のこととかいろいろ知りたいと思いました。

姑獲鳥の夏

20050722234042.jpg



今更ですが映画公開記念ということで読み直してみました。

「文庫版 姑獲鳥の夏」
□内容□
 この世には不思議なことなど何もないのだよ―古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第1弾。東京・雑司ヶ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は20ヶ月以上も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らのすりを超え噂は意外な結末へ。
      (「Amazon.co.jp 出版社・著者からの内容紹介」より)


私がこの本と出合ったのは高校生の時です。
同じクラスだった友人が「アンタ好みだから一度読んでみな」と進められたのがきっかけでした。
それから一気に読みました。授業中でも・・・(ぼそ)
おかげでどっぷりはまってしまい今に至るわけです。
これがデビュー作とは思えないくらいの完成度!
もう進めてくれた友人には感謝してもしきれないくらいです!!
出てくるキャラも灰汁の強い人たちばかり・・・
あの分厚さで「ちょっと・・・」という人もいるかもしれませんが一度はまってしまえばあの分厚さなんて気になりません!
(大学の友人には「枕」と名づけられた京極作品ですが・・・)


そういえば高校の授業中には大層お世話になりました。
あの分厚さですから積み重ねると壁になります。
辞書と一緒に積み重ねるとなお高くなります。
おかげで授業中に本は読めるし塾の宿題もできました。
授業中読んでいても辞書や六法を開いているのと間違われます。
とてもお世話になりましたm(_ _)m


本の感想を書き忘れてますね・・・ははは!(笑って誤魔化す!)

そういえば

そういえば学生さんは夏休みなんですねぇ・・・
TVで言ってるのを見て始めてしりました。

そっかぁ。学校卒業してもう3ヶ月以上も経ったのね。
職にも就かず日々過ごしていると感覚なくなりますよ。
毎日家事しかしてないからね!(エバって言うことではない)
外出なんて日用品の買い物しかないです。
ちょっと遠出で本屋と図書館・・・
んでたまにペットショップ。
これは完全な引きこもり??

続きを読む »

ちょっと不快な出来事


今日、修理に出していたホームシアターが直ったので取りに出かけた。
そのついでってことで図書館に行ったまでは良かったのだが・・・

図書館から帰宅中の信号待ち中
目の前の車がポイ捨てしやがった!!
ポイ捨て・・・とても許しがたい!!
いきなり窓開けてポイですから。
その後、車を前に移動させていかにも「自分のゴミじゃありません~」みたいに去っていきやがった。

をい!!
こんなヤツがいるからそこらへんにゴミが沢山落ちてんだよ!
「ゴミはゴミ箱に」って幼稚園で習わなかったのかよ!
そんなこと小さい子供でもしってるぞ!!

別に私は正義感の塊とかそういうのはほぼ皆無な人間です。
めんどくさいことは嫌いです。
でも一般常識くらいは心得ているつもりです。
ゴミが落ちてるからそこに捨てていいのか?
違うだろ!
お前みたいなのがいるからゴミが道端にあふれてるんだろう!
と、まぁちょっと不快な気持ちになってしまいました。
せっかく図書館で読みたかった本が手に入ったのに・・・
ちょっと読む気が失せ気味になってしまいました・・・

アイランド


原題:THE ISLAND
監督・製作:マイケル・ベイ
脚本:キャスピアン・トレッドウェル=オーウェン
出演:ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン/ジャイモン・フンスー/ショーン・ビーン

□STORY□
 大気汚染から守られた清潔な都市空間。そこで暮らす人々が抱く共通の夢は、地上に残された最後の楽園「アイランド」へ行くこと。日々行われる抽選にみな一喜一憂している。しかし、リンカーン(ユアン)が知ってしまった事実は、そんな夢どころか、自らの根底さえも覆すものだった。自分たちは臓器を提供するためだけに生かされている。“クローン”であり、「アイランド行き」の名の下に葬り去られる運命にあるのだ。リンカーンは、アイランド行きが決まったジョーダン(スカーレット)と共に命がけの逃亡を決意する。



2005年7月23日 日米同時公開
オフィシャルサイトはこちら



昨日に引き続き映画です。
公開間近ということでTVCMがバンバン放映中です。
すごいですねぇ。
TVで流れるたびに見てしまいます。

監督が「アルマゲドン」「パールハーバー」の監督ってことばかりクローズアップされているような・・・
確かにユアン・マクレガーもスカーレット・ヨハンソンも日本ではまだまだメジャーではないのかもしれません。
現に私の周りではユアン・マクレガーと言ってもなかなか通じず「スターウォーズ」に出てる人と言ってやっと解る人は解ってくれる状態です。
私はちょっと寂しいです・・・
まぁ仕方ないのかも知れませんが。



私の周りに映画好きは1人くらいしかいないので(しかも家がめちゃ遠い)これも一人で観に行くんだろうなぁ。
観に行けたらだけど・・・

映画を一人で見に行くのは「いたたまれないからやめてくれ」とよく言われる。
何故?
別に私は平気だし、中に入って映画が始まってしまえば話もしないんだから構わないと思うのですが・・・


エリザベスタウン

監督・脚本:キャメロン・クロウ
製作:キャメロン・クロウ/トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー
出演:オーランド・ブルーム/キルステン・ダンストン/スーザン・サランドン/ジュディ・グリアー

☆STORY☆
 オレゴンにある靴の会社で働いていたドリュー(オーランド)は自分のミスで会社に多額の借金を負わせてしまう。それが原因でクビになってしまい自殺まで考えていた。そこへ突然父親が他界。故郷のエリザベスタウンに帰る飛行機で出会った客室乗務員のクレア(キルステン)に恋をしてしまう。父親の死とクレアとの出会いがドリューを新しい道へと導く。

2004年夏、実際にあるケンタッキー州エリザベスタウン、他カリフォルニアにて撮影。

2005年10月14日アメリカ公開。
日本公開は未定。
オフィシャルサイトはこちら

今をときめく(?)オーランド・ブルームの新作です。
久しぶりに洋服のオーランドです。珍しい・・・
日本での公開が未定だそうで・・・早く公開決まってほしいものだ!

それにしても相手役がキルステン・ダンストン。
私の周りでは思いっきり評価低いですね、ぶっちゃけ。
私は彼女の出ている映画はインタビュー・ウィズ・ヴァンパイアしかないので良くわかりません(スパイダーマンも見たことないっす)
どうなんでしょうかね?

続きを読む »

ウチの犬って・・・

05-07-12_20-28.jpg


ウチの我が侭プーこと愛犬チェリー(チワワ♂)です。
昼間はずっと寝ております。
そのせいか、夜になると凄いテンションになりこっちは寝たいのに走り回り、吼えまくりです。
どうにかならないものでしょうか
誰か助けてください~~~!!!





私に色々といろんな意味で影響(呪い?)をかけてくれた友人A。
どうやら友人AのHP名と私のとがかぶっている模様。
わざとじゃないのよ!偶然なのよ!!
まぁ友人Aとは中学の時、教師やクラスメートからだけでなく実の親からも間違われていたという過去を持っているのでどこかで繋がってたのかしら?
これもフォースの導きってことで☆

そのうちリンクでも貼らせていただけたら・・・と思っております。
その時はよろしくお願いします!!

とうとう・・・

とうとう、と言うか、やっと、と言うか・・・
blogを始めてみました。
これも友人Aの一言があったからだと思います。
でも、普段でもめんどくさがり屋の私が・・・どうしましょう?(聞かれても困る)
まぁどうにか初心者なりにも頑張っていこうと思っておりますのでどうぞ長い目で見てやってください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。